115F67
総論 臨床 感染症 割れ問
68 歳の男性。歩行時の息苦しさとわずかな喀痰を主訴に来院した。
現病歴: 1週前から歩行時の息苦しさとわずかな喀痰を自覚していた。
既往歴: 30歳時に虫垂炎のため虫垂切除術を受けた。
65歳時にHIV感染症と診断されたが治療を受けずに通院を中断していた。同時期から不眠となり、ベンゾジアゼピン系薬を時折内服している。
生活歴: 会社員としてアメリカやヨーロッパで勤務した後に帰国、その後相談役として週2回程度出社している。喫煙は15本/日を20歳から40歳の20年間。飲酒は機会飲酒。
家族歴: 父が高血圧症。
現症: 意識は清明。身長172cm、体重58kg。体温37.5℃。脈拍120/分、整。血圧120/40mmHg。呼吸数28/分。SpO₂ 90% (room air)。頸部リンパ節に腫大を認めない。心音に異常を認めない。両側背部でfine cracklesを聴取する。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腹部の手術痕以外に異常を認めない。背部に叩打痛を認めない。皮膚に異常を認めない。
検査所見: 血液所見:赤血球 300万、Hb 9.2 g/dL、Ht 30%、白血球 4,800 (桿状核好中球 17%、分葉核好中球 67%、好酸球 8%、好塩基球 0%、リンパ球8%)、CD4陽性細胞数 126/mm³ (基準800~1. 200)、血小板25万。血液生化学所見:総蛋白 6.2g/dL、アルブミン 3.0g/dL、総ビリルビン 0.8mg/dL、AST 28U/L、ALT 18 U/L、LD 250U/L (基準120~245)、ALP 120 U/L (基準115~359)、尿素窒素40mg/dL、クレアチニン 1.0 mg/dL、Na 131mEq/L、K 4.2mEq/L、Cl 97mEq/L。免疫血清学所見:CRP 3.2 mg/dL、HBc抗体陰性、HBs抗原陰性、HCV抗体陰性、HIV抗原・抗体陽性。動脈血ガス分析 (room air):pH 7.43、PaCO₂ 35Torr、PaO₂ 58 Torr、HCO₃⁻ 24mEq/L。
胸部造影CT (別冊No. 13) を別に示す。

患者にサージカルマスクを着用してもらい、医療スタッフもN95マスクを着用した上で陰圧個室において診療している。
これらの感染予防策を解除するために最も有用な検査はどれか。
a 喀痰Gram染色
b 喀痰Grocott染色
c 喀痰Ziehl-Neelseh染色
d 血中β-D-グルカン測定
e 血中結核菌特異的全血インターフェロンγ遊離測定

  • a: 0%
  • b: 1%
  • c: 55%
  • d: 0%
  • e: 41%
  • 正解:c
ベストなるほど
タマンタさん2021/02/07 19:59:20
どの検査をすれば感染予防策を解除できますか?
さりりんさん2021/02/08 21:21:34
患者にサージカルマスク
医療スタッフもN95マスク
陰圧個室、と来ればもう結核を疑ってますね。

感染予防策の回避のためには、排菌があるかどうかが重要なのでした。
血液検査であるeでは、気道からの排菌のことなんか分からないですね。
気道から出る喀痰を使った検査で、かつ結核菌の判別ができるcが正解

これが割れるとは・・・ショック・・・