115D61
各論 臨床 腎疾患 微割れ
64歳の女性。蛋白尿を指摘されて来院した。昨年の特定健康診査でも蛋白尿を指摘されたが、自宅近くの診療所で経過観察を指示されていた。今年の特定健康診査でも蛋白尿を指摘されて受診した。既往歴はない。体調不良はなく、就業しており、自宅で時々測定している血圧は120/70mmHg前後である。体重は増減なく安 定しており、浮腫を認めない。尿所見:比重 1.015、pH 6.0、糖 (-)、潜血 (-)、随時尿の尿蛋白/Cr比は 2.5g/gCr (基準0.15未満)。尿沈渣に赤血球 1~4/HPF、白血球1~4/HPF、硝子円柱 1~4/HPF、顆粒円柱と幅広円柱を少数認める。血液生化学所見:クレアチニン 0.7 mg/dL、eGFR 64mL/分/1.73m²。腹部超音波検査で右腎に2cm大の嚢胞を2個認めた。
最も考えられるのはどれか。
a IgA腎症
b 膜性腎症
c 多発性嚢胞腎
d 微小変化型ネフローゼ症候群
e 特発性半月体形成性糸球体腎炎

  • a: 2%
  • b: 30%
  • c: 59%
  • d: 4%
  • e: 2%
  • 正解:b
ベストなるほど
タマンタさん2021/02/07 14:12:33
どれが考えられますか?
ハイインモさん2021/02/09 18:59:32
中高年女性の血尿陰性かつネフローゼ症候群を来す疾患で最も可能性が高いものを答える問題。

嚢胞2cm2コで多発性嚢胞腎はちょっと考えづらい。

微小変化と膜性腎症が残るが、年齢的に膜性腎症のほうが可能性が高い。

よって解答はb
その他の質問
さりりんさん2021/02/07 17:50:02
経過は慢性(急性に発症する微小変化型との鑑別)でかつ蛋白尿はあるが、赤血球検出ないところから膜性腎症を最も考えるか。生検したら違うかもしれないので、この問題も「最も考えられる」問題にしてあるのがミソか。b