115A23
各論 臨床 神経疾患 割れ問
35歳の男性。テレビを見ている時に口をもぐもぐと動かす、舌を突き出すなどの動きがみられることを、家族に指摘されたと訴えて来院した。約6か月前からその動きがみられるという。30歳ころ、幻覚妄想状態を呈して抗精神病薬を投与され、以後、服薬を継続中である。
この動きについて正しいのはどれか。
a 睡眠中は消失する。
b 抗Parkinson病薬が著効する。
c 抗精神病薬に特異的な副作用である。
d 口の動きに注意を向けさせると増悪する。
e 片側上下肢を投げ出すような不随意運動を伴う。

  • a: 34%
  • b: 18%
  • c: 24%
  • d: 13%
  • e: 9%
  • 正解:a
ベストなるほど
タマンタさん2021/02/06 13:53:29
正しいのはどれですか?
もちぷるさん2021/02/06 14:21:48
答えは
a 睡眠中は消失する。
 
抗精神病薬の副作用である錐体外路症状として(遅発性)ジスキネジアが生じています。
a 睡眠中は消失する。 →〇睡眠中は消失します。
b 抗Parkinson病薬が著効する。 →×抗Parkinson病薬の副作用としてもジスキネジアは挙げられるため投与してはいけません。
c 抗精神病薬に特異的な副作用である。 →×抗Parkinson病薬(L-dopa)の副作用でもあります。
d 口の動きに注意を向けさせると増悪する。 →×ジスキネジアがみられる部分を随意的に動かしたりするとジスキネジアは軽快します。
e 片側上下肢を投げ出すような不随意運動を伴う。 →×これはバリズムの説明です。