114F55
総論 臨床 内分泌疾患 微割れ
17歳の女子。体重減少を主訴に来院した。 2年前から摂食量を意識的に減らすようになり、学校における定期健康診断でやせを指摘された。医療機関への受診を指導されたが受診しなかったという。その後も体重がさらに減少しており、心配した母親に付き添われて受診した。身長 150cm、体重 27kg。体温 36.1℃。脈拍52/分、整。血圧 90/50mmHg。前腕や背部に産毛の増生を認める。下腿に軽度の圧痕浮腫を認める。
この患者で認められる可能性が高いのはどれか。
a GHが高値である。
b 月経周期は正常である。
c LH/FSH比が高値である。
d コルチゾールが低値である。
e 遊離トリヨードサイロニン〈FT₃〉が高値である。

  • a: 60%
  • b: 0%
  • c: 5%
  • d: 33%
  • e: 2%
  • 正解:a
ベストなるほど
さん2020/02/09 19:59:03
この患者は摂食障害だと考えますが、その場合、認められる可能性が高い選択肢はどれですか?
答えはa、成長ホルモンは飢餓ホルモンともよばれ、飢餓の時に血糖を上げるホルモンとして作用します。
https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-07770845/