114F53
臨床 小児科 割れ問
日齢2の新生児。黄疸のため救急車で搬入された。在胎40週3日、出生体重3,126 g、Apgarスコア7点(1分)、9点(5分)であった。生後6時間から完全母乳栄養を開始した。生後24時間から黄疸を認めたため1面で光線療法を開始したが生後48時間でのビリルビン値が30mg/dLのため救急車を要請し、NICUに入院となった。傾眠傾向である。体温37.3℃。心拍数140/分、整。呼吸数40/分。大泉門は陥没し、心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。吸啜反射、Moro反射は減弱し、四肢の筋緊張はやや低下している。血液所見:赤血球380万、Hb12.0 g/dL、Ht30%、網赤血球5%、血小板40万。血液生化学所見: 総蛋白7.0g/dL、アルブミン3.5g/dL、総ビリルビン29.5mg/dL、直接ビリルビン1.5mg/dL、AST12U/L、ALT15 U/L、LD990 U/L(基準値311~737)。母親の血液型はO型RhD(+)、児A型RhD(+)。
適切な対応はどれか。
a 血漿交換
b 交換輸血
c アルブミン投与
d 多面照射光線療法
e ガンマグロブリン投与

  • a: 43%
  • b: 27%
  • c: 1%
  • d: 26%
  • e: 3%
  • 正解:b
ベストなるほど
さん2020/02/09 19:57:03
どのように考えればよいのか教えてください。
国試マイスタさん2020/02/10 20:36:33
解答 b

重症新生児黄疸の症例です。
新生児仮死はなく、貧血があること(通常日齢0の新生児ならHt40-50はあります)、血液型から母児間のABO型不適合による溶血性貧血が原因と考えられます。
私的な基準だと、出生72時間未満で体重2500g以上の児において総ビリルビンが20以上ある場合は交換輸血の適応となります。
実際にはアルブミン投与、グロブリン投与、光線療法の強度を上げることのいずれも治療として行いますが、今回は1面の光線療法を行ってもビリルビンが30まで上昇していますので交換輸血が回答として最も望ましいでしょう。