114F37
臨床 循環器疾患
75歳の女性。健康診断で心房細動を指摘され来院した。3か月前に受けた健康診断で心拍数96/分の心房細動を指摘され受診した。動悸やふらつきなどの自覚症状はない。既往歴として4年前に高血圧症の指摘があり、現在、食事療法を行っている。家族歴に特記すべきことはない。意識は清明。身長165cm、体重59kg。体温36.2℃。脈拍92/分、不整。血圧132/88mmHg。呼吸数18/分。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。神経診察にて異常を認めない。心電図では心拍数102/分の心房細動を認めた。心エコー検査では左室駆出率は55%であった。
まず行う対応として正しいのはどれか。
a 抗凝固薬の投与
b t-PAの点滴静注
c ペースメーカー留置
d カルディオバージョン
e カテーテルアブレーション

  • a: 97%
  • b: 1%
  • c: 1%
  • d: 1%
  • e: 0%
  • 正解:a
ベストなるほど
さん2020/02/09 19:37:29
心房細動に対する正しい対応を教えてください。
さりりんさん2020/02/10 22:08:00
CHADS2スコアなどを目安に抗凝固薬を導入します。スコア通りになんでも入れればいいってものではなく、入れたばっかりに消化管出血で致死的になったりもするので、注意は必要です。国試的にはa
https://www.jhf.or.jp/pro/hint/c3/hint005.html