114D39
臨床 小児科 激割れ
1歳の男児。発熱と皮疹を主訴に母親に連れられて来院した。4日前から38~39℃の発熱が続き、今朝、母親が皮疹に気付いたという。体温39.3℃。脈拍140/分、整。受診時の患児の背部の写真(別冊No.17)を別に示す。両側眼球結膜に充血を認める。口唇に発赤を認める。両側頸部に径2cmのリンパ節を数個ずつ触知する。四肢末端に紅斑と浮腫を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。血液所見:赤血球410万、Hb11. 7 g/dL、Ht36%、白血球13,600(桿状核好中球6%、分葉核好中球61%、単球4%、リンパ球29%)、血小板41万、フィブリノゲン
860mg/dL(基準186~355)。血液生化学所見:総蛋白6.0g/dL、アルブミン3.0g/dL、AST240U/L、ALT195 U/L。CRP4.2 mg/dL。心エコー検査で異常所見を認めない。入院の上、標準的治療を行うこととした。
治療効果判定に使用する所見はどれか。
a 発熱
b 体幹の皮疹
c 眼球結膜充血
d 頸部リンパ節腫脹
e 四肢末端の紅斑・浮腫

  • a: 42%
  • b: 12%
  • c: 1%
  • d: 7%
  • e: 38%
  • 正解:a
ベストなるほど
さん2020/02/09 13:30:01
どのように考えればよいのか教えてください。
国試マイスタさん2020/02/10 00:00:47
解答a

・発熱
・頸部リンパ節腫脹
・結膜充血
・四肢末端の紅斑および浮腫
・口唇の発赤
の6症状全てが揃っており、川崎病と診断できる。
川崎病の治療判定は解熱により評価する。