114D32
臨床 血液疾患
25歳の男性。倦怠感と四肢の紫斑を主訴に来院した。1か月前から倦怠感、2週前から四肢の紫斑が出現し、改善しないため受診した。既往歴に特記すべきことはない。身長172cm、体重58kg。体温37.2℃。脈拍96/分、整。血圧132/82mmHg。胸骨右縁に収縮期駆出性雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。浮腫を認めない。血液所見:赤血球190万、Hb6.6 g/dL、Ht19%、網赤血球0.7%、白血球1,600(好中球11%、好酸球3%、好塩基球2%、単球9%、リンパ球75%)、血小板0.7万。血液生化学所見:総蛋白6.7 g/dL、アルブミン4.7g/dL、総ビリルビン0.8mg/dL、直接ビリルビン0.2mg/dL、AST25U/L、ALT29U/L、LD154 U/L(基準120~245)、尿素窒素15mg/dL、クレアチニン0.6mg/dL、尿酸5.8mg/dL。骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本に芽球の増加はなく、3血球系に異形成を認めない。染色体分析では46,XY。骨髄組織のH-E染色標本(別冊No.13)を別に示す。
適応でない薬剤はどれか。
a シクロスポリン
b アドリアマイシン
c 抗胸腺グロブリン
d 副腎皮質ステロイド
e トロンボポエチン受容体作動薬

  • a: 1%
  • b: 65%
  • c: 2%
  • d: 11%
  • e: 21%
  • 正解:b
ベストなるほど
さん2020/02/09 13:24:43
この患者の疾患と適切な薬剤を教えてください。
国試マイスタさん2020/02/09 22:56:07
再生不良性貧血
アドリアマイシンは使いません。