114D30
臨床 神経疾患
47歳の女性。後頸部のこり感と左手のしびれを主訴に来院した。1か月前から家事をする際に左示指と中指とにしびれを自覚するようになったという。20年前から関節リウマチで投薬を受けている。握力は右16kg、左14kg。両手にボタンホール変形を認める。左示指と中指とに軽度の感覚鈍麻を認める。下肢の筋力は徒手筋カテストで5である。腱反射に異常を認めない。歩行障害を認めない。入院治療については、次男の受験を控えていることから家族内で相談したいとの希望があったため、頸椎カラーを処方した。頸椎エックス線写真(別冊No.12A-C)を別に示す。
生活指導で正しいのはどれか。
a 「枕は低いものを使用してくだい」
b 「洗顔時は頸椎カラーを外してください」
c 「頸部周囲筋のマッサージをお勧めします」
d 「左上肢はできるだけ使わないでください」
e 「起き上がる時は上半身の反動を利用してください」

  • a: 77%
  • b: 3%
  • c: 12%
  • d: 6%
  • e: 2%
  • 正解:a
ベストなるほど
さん2020/02/09 13:21:38
どの生活指導が正しいのでしょうか。
国試マイスタさん2020/02/09 22:40:54
頸椎側面X線写真の前屈位(A)と中間位(B)で環椎歯突起間距離(環椎前弓後縁と歯突起前面との間隔で正常は5mm未満)が延長し、後屈位(C)では整復されており、環軸椎の不安定性(環軸椎亜脱臼)を認める。
手指のしびれはあるが四肢の腱反射は亢進しておらず、精緻運動に問題はなさそうであり、脊髄圧迫は軽度と考えられる。
従って、患者の希望も踏まえて頸椎カラーの処方で経過をみていいと思われる。環軸椎亜脱臼は前屈位で増悪するので、前かがみの体勢は避けることが望ましい。

a. ○ 枕の高さは高いと、前かがみ状態と同じことになるので、低いものを使用する。
b. × 洗顔時は前かがみの体勢になるので、頸椎カラーを着用して行う。
c. × 頚部周囲のマッサージは頸椎に負荷をかける可能性があり、好ましくない。
d. × 左上肢の使用を制限する理由はない。
e. × 上肢関節機能障害が高度のRA患者では起き上がり時に上半身の反動を利用することがある。このような動作は頚部にかなりの負荷を加えるので、頸椎障害を有するRA患者では避けることが望ましい。
その他の質問
匿名希望さん2020/02/10 12:15:16
cよりもbがより禁忌ですか?
minkoreさん2020/02/10 12:29:35
大変申し訳ありません。
bではなくeの誤植です。
修正いたしました、ご質問まことにありがとうございます。