114D20
臨床 内分泌疾患 割れ問
22歳の男性。動悸、発汗および手指の振戦を主訴に来院した。3か月前から朝食前や夕食前に、動悸と発汗を自覚するようになった。食事を摂ると症状は消失するという。現在内服中の薬剤はない。父方祖母がグルカゴノーマに罹患している。意識は清明。身長171cm、体重62kg。脈拍68/分、整。血圧136/80mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。血液所見:赤血球464万、白血球3,900、血小板24万。血液生化学所見(朝食後2時間) :尿素窒素13mg/dL、クレアチニン0.6mg/dL、血糖120mg/dL、Na140 mEq/L、K4.0mEq/L、Cl106mEq/L。24時間持続ブドウ糖モニターの結果(別冊No.4)を別に示す。
診断に必要な検査はどれか。
a 絶食試験
b 水制限試験
c TRH負荷試験
d LHRH負荷試験
e グルカゴン負荷試験

  • a: 59%
  • b: 0%
  • c: 1%
  • d: 0%
  • e: 40%
  • 正解:a
ベストなるほど
さん2020/02/09 13:01:05
各検査内容と正しい検査を教えてください。
国試マイスタさん2020/02/09 21:58:54
診断はインスリノーマ
家族歴でグルカゴノーマがありNETの可能性を想起する。
主訴の諸症状は低血糖を示唆し、NETのうちでインスリノーマが考えられる。絶食試験による低血糖確認が必須。