114D18
臨床 内分泌疾患
51歳の女性。顔面の発汗を主訴に来院した。半年前から疲れやすさを自覚し、発作性の発汗、後頸部の熱感および肩こりが増強してきたという。身長162cm、体重56kg。体温36.0℃。脈拍72/分、整。血圧124/76mmHg。1年前から月経はない。身体診察で明らかな異常を認めない。血液所見:赤血球387万、Hb12.8g/dL、Ht39%、白血球6,300、血小板21万。血液生化学所見: AST24U/L、ALT 20U/L、TSH1.2μU/mL(基準0.2~4.0)、FT₄1.1ng/dL(基準0.8~2.2)、FSH 38 mIU/mL(閉経後の基準30以上)。心電図で異常を認めない。
この病態の原因となっているのはどれか。
a 肝臓
b 卵巣
c 下垂体
d 冠動脈
e 甲状腺

  • a: 0%
  • b: 93%
  • c: 7%
  • d: 0%
  • e: 0%
  • 正解:b
ベストなるほど
さん2020/02/09 12:59:07
どのように考えればよいのか教えてください。
国試マイスタさん2020/02/09 21:29:23
更年期障害、低エストロゲン血症で、B卵巣が正解。
卵巣機能の低下による女性ホルモンの低下が本態である。
E2が低下して下垂体由来のFSHが上昇する。