114D16
臨床 婦人科
58歳の女性。腹部膨満感を主訴に来院した。3か月前から下腹部膨隆を自覚し、衣服がきつくなった。30歳時にチョコレート嚢胞と診断された。50歳で閉経。内診で、左付属器領域に10cmの可動性のない腫瘤を触知する。血液所見:赤血球360万、Hb10.1 g/dL、Ht32%、白血球6,800、血小板26万。血液生化学所見:CEA 3.8 ng/mL(基準5以下)、CA19-9 38 U/mL(基準37以下)、CA125 280U/mL(基準35以下)。子宮頸部と内膜の細胞診は陰性。上部および下部消化管内視鏡検査で異常を認めなかった。手術のため入院し開腹したところ、左付属器に腫瘤を認めた。腹水はなく、腹腔洗浄細胞診は陰性であった。腫瘤と腸管との癒着はなかった。腹膜播種はなく、大網やリンパ節に異常を認めなかった。左卵巣を切除して迅速病理診断で明細胞癌と診断された。
左付属器、子宮および大網に加えて切除すべきなのはどれか。
a 腟壁
b 膀胱
c S状結腸
d 右付属器
e 腸間膜リンパ節

  • a: 0%
  • b: 0%
  • c: 0%
  • d: 83%
  • e: 17%
  • 正解:d
ベストなるほど
さん2020/02/09 12:53:14
どのように考えればよいのか教えてください。
国試マイスタさん2020/02/09 21:20:28
d.右付属器
診断は卵巣明細胞癌。
子宮内膜症を発生母地とした卵巣明細胞癌である。
基本術式として、どちらか片側の卵巣癌でも、子宮、両側付属器、大網を切除する。