114A54
臨床 眼科 微割れ
22歳の男性。視力低下、昼盲を主訴に来院した。幼少時よりアトピー性皮膚炎を指摘されていた。15歳ころから眼瞼および結膜の瘙痒感が強くなり、副腎皮質ステロイド外用薬および点眼薬を使用してきたが、瘙痒感が消失しない時に眼部を叩打してきた。1年ほど前から視力低下および昼盲を自覚するようになったという。視力は右0.1(0.9X-3.0D)、左0.1(1.0X -2.5 D)。眼圧は右13mmHg、左17mmHg。両眼の散瞳後の前眼部写真(別冊No.24)を別に示す。細隙灯顕微鏡検査で右眼の前部硝子体に色素散布を認める。
緊急に処置・手術が必要な合併症はどれか。
a 結膜炎
b 白内障
c 円錐角膜
d 網膜裂孔
e 後部硝子体剥離

  • a: 0%
  • b: 9%
  • c: 4%
  • d: 57%
  • e: 28%
  • 正解:d
ベストなるほど
さん2020/02/08 14:50:30
考え方を教えてください。
国試マイスタさん2020/02/08 20:46:52
"診断 水晶体亜脱臼、網膜裂孔疑い
解答 d
コメント 右眼に外傷性の水晶体亜脱臼を認める。水晶体亜脱臼した際に硝子体が牽引されて網膜裂孔が生じ、そこから硝子体中に色素散布されたと考えられる。速やかに網膜光凝固が必要である。"