114A25
臨床 精神科
30歳の男性。このところ仕事に身が入らず遅刻が目立つようになったため、上司からの勧めで産業医面談を受けた。面談で精神科受診を勧められ来院した。入社以来、事務職に携わってきたが、3か月前に営業職に異動した。約1か月前から平日は食欲が低下し、なんとなく元気が出なくなった。休みの前日は熟睡できるが、それ以外の日はなかなか寝つけず、一旦寝ついても職場の夢をみて夜中に目が覚めることが多くなった。欠勤はなく、休日は趣味のサーフィンを以前と変わらず楽しめているという。
初診時の対応として適切なのはどれか。
a 休職を勧める。
b 頑張るよう励ます。
c 抗うつ薬を処方する。
d 投影法の心理検査を実施する。
e 仕事に関する本人の考えを聞く。

  • a: 0%
  • b: 0%
  • c: 1%
  • d: 1%
  • e: 98%
  • 正解:e
ベストなるほど
さん2020/02/08 13:55:05
休職をすすめるべきですか?
うたさん2020/03/11 11:53:51
休職や抗うつ薬処方はいきなりすぎます。
励ましは禁忌。
うつ疑いに限らず、まず患者の気持ちなどを傾聴して間違いになることはないです。