113F51
総論 臨床 腎疾患 激割れ 正答率:50%
70歳の男性。下腿の浮腫を主訴に来院した。 30年前から健診で尿蛋白と尿潜血を指摘されていた。 3年前から腎臓が悪いことを指摘されていたが医療機関を受診しなかった。 3か月前から下腿に浮腫を自覚するようになったため受診した。身長165cm、体重 60kg。脈拍 92/分、整。血圧 186/100mmHg。両下腿に浮腫を認める。尿所見:蛋白 3+、糖(-)、潜血 2+、沈渣に多彩な変形赤血球と顆粒円柱を認める。随時尿の尿蛋白/クレアチニン比は 2.5g/gクレアチニン (基準 0.15未満)。血液所見:赤血球 356万、 Hb 10.8 g/dL、Ht 32%、白血球 7,800、血小板20万。血液生化学所見:総蛋白 6.5g/dL、アルブミン 3.0g/dL、尿素窒素 20mg/dL、クレアチニン 1.6mg/dL、eGFR34mL/分/1.73m²、Na138mEq/L、K 4.0mEq/L、Cl104 mEq/L。
適切な食事指導はどれか。
a 高蛋白食
b 多量の水分摂取
c カリウム摂取制限
d 1日10gの塩分制限
e 1日25~35kcal/kgのエネルギー摂取

  • a: 1%
  • b: 0%
  • c: 48%
  • d: 0%
  • e: 49%
  • 正解:e
ベストなるほど
パンダうさぎさん2019/02/10 22:51:03
eになるのはなぜですか?
匿名希望さん2019/02/11 01:28:24
eGFRから慢性腎不全stageⅢB。高血圧と腎への蛋白負荷を制限すべき。高血圧はナトリウム制限(Na<6g)だが、蛋白負荷制限は単に摂取を制限するだけではなく、カロリーはある程度保たなければならない。これはカロリーを制限しすぎると体内の蛋白(=筋肉)を異化してエネルギーを得ようとするから。今回患者は太っていないので、適正カロリーは25〜35kcal/kgとなる。
なお、カリウム制限はstageⅣに至ったら検討すべき。