113F28
一般 精神科
ある心理テストで用いられる図版の一部(別冊No.3)を別に示す。
この心理テストについて正しいのはどれか。
a 無彩色と有彩色の図版からなる。
b テスト全体には5分程度を要する。
c テスト全体は4枚の図版からなる。
d 被験者は自ら質問紙に回答を記入する。
e 精神疾患のスクリーニングが目的である。

  • a: 0%
  • b: 0%
  • c: 0%
  • d: 0%
  • e: 0%
  • 正解:a
ベストなるほど
パンダうさぎさん2019/02/10 22:27:29
eですかね?
pon1さん2019/02/17 00:37:57
ロールシャッハ・テストという「投影法」という手法を用いて行われるパーソナリティ検査の一つで、紙に垂らしたインクを2つに折り曲げて広げたことでできる左右対称の模様が描かれた図版を見て、「何に見えるか」「どんな風に感じたか」を直感で答えていくテストです。
ロールシャッハ・テストの回答は、現在の日本においては「包括システム」(またはエクスナー法)という方式で判定されるのが主流です。「包括システム」とは、精神科臨床の場で蓄積した膨大な統計データから実証された人格の傾向を、体系的に網羅したシステムを使い解釈する方法です。

答えはaです
その他の質問
匿名希望さん2019/02/10 21:23:29
Google検索したら普通に有彩色の画像出てきた