113F1
一般 公衆衛生
我が国の死亡と寿命の変遷について正しいのはどれか。
a 1950年以降、死亡率の最も高い死因は一貫して悪性新生物である。
b 1960年代中盤までの寿命の延伸の最大原因は乳幼児死亡の減少である。
c 1970年代の脳卒中死亡率の低下は主として脳梗塞の減少による。
d 1980年以降、肺炎の年齢調整死亡率は増加が続いている。.
e 1990年以降、自殺による死亡数は一貰して3万人を超えている。

  • a: 0%
  • b: 0%
  • c: 0%
  • d: 0%
  • e: 0%
  • 正解:b
ベストなるほど
パンダうさぎさん2019/02/10 22:11:46
bになるのはなぜですか?
pon1さん2019/02/16 21:28:05
a:1970年代後半まで脳血管疾患が1位でした。
b:戦争が終わり、栄養状態の改善や医療の発達で乳児死亡率は劇的に改善しました。これが正解です。
c:脳出血の減少です。
d:ゆるやかに低下しています。
e:最近は3万人を割っているというニュースを見たことある方もいるはずです。

答えはbです