113D60
各論 臨床 整形外科 割れ問 正答率:50%
55歳の男性。腰背部痛を主訴に来院した。30歳ころから腰背部痛をしばしば自覚していた。3か月前から腰背部痛が増悪し、両側肘関節および膝関節痛も出現したため受診した。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知せず、圧痛を認めない。両側肘関節、両側膝関節、両側臀部および両側アキレス腱付着部に圧痛を認める。血液所見:赤血球446万、Hb13.8 g/dL、Ht42%、白血球6,200、血小板16万。血液生化学所見:尿素窒素12mg/dL、クレアチニン0.7 mg/dL。免疫血清学所見: CRP0.3 mg/dL、抗核抗体陰性、リウマトイド因子〈RF〉陰性、抗CCP抗体陰性。骨盤部エックス線写真(別冊No.27)を別に示す。
この患者の腰背部痛の特徴はどれか。
a 発熱を伴うことが多い。
b 下肢に異常感覚を伴う。
c 腰背部痛は片側性である。
d 腰背部痛の発症時期が特定できる。
e 痛みは安静時に悪化し運動により改善する。

  • a: 34%
  • b: 10%
  • c: 1%
  • d: 3%
  • e: 50%
  • 正解:e
ベストなるほど
パンダうさぎさん2019/02/10 16:14:40
eですかね?
みどりさん2019/02/11 00:13:08
eだと思います。

30歳ごろより発症し、両側肘関節、両側膝関節、両側臀部、両側アキレス腱付着部に圧痛を認め、抗核抗体陰性、RF陰性、抗CCP抗体陰性だった。X線写真で仙腸関節炎を認める。
→強直性脊椎炎疑い

①関節症状
・腰背部や臀部の疼痛、こわばりを呈する仙腸関節炎を初発とする。
・夜間、明け方の発症が多く、症状は3カ月以上持続する。
・安静では改善せず、運動によって改善する。
・進行すると靭帯の骨化による腰椎可動制限、胸郭拡張制限、脊椎骨折、脱臼、馬尾症候群などを来す。
②関節外症状
靭帯・腱付着部炎(アキレス腱付着部、踵骨など)、虹彩毛様体炎、炎症性腸疾患、大動脈弁閉鎖不全、僧帽弁閉鎖不全、房室ブロック、上行大動脈炎など