113C48
臨床 産科 正答率:90%
34歳の初産婦 (1妊0産)。妊娠 39週4日の午前6時に陣痛発来のため入院した。これまでの妊娠経過は順調であった。午後 4時に子宮口は全開大した。午後6時 50分に破水し、内診で児頭下降度は SP+4cm、0時方向に小泉門を触知した。この時点での胎児心拍数陣痛図 (別冊No.7) を別に示す。
対応として最も適切なのはどれか。
a 吸引分娩
b 帝王切開
c 抗菌薬投与
d 陣痛促進薬投与
e 子宮収縮抑制薬投与

  • a: 0%
  • b: 0%
  • c: 0%
  • d: 0%
  • e: 0%
  • 正解:a
ベストなるほど
パンダうさぎさん2019/02/09 20:40:45
aであっていますか?
忍者ハットリ君さん2019/02/10 01:20:23
分娩第二期遷延(子宮口全開大してから3時間近く経ってます)です。
SP+4まで来ているので吸引分娩。SP+3以上来てたら経腟補助分娩、それ未満なら帝王切開といったところでしょうか。

CTGで陣痛はしっかり来ています。一過性頻脈がなく基線細変動も減少気味なので吸引分娩で産んでしまってよいと思います。