112F59
総論 臨床 産科 正答率:81%
28歳の初妊婦。妊娠10週で悪心と嘔吐とを主訴に来院した。妊娠7週ごろから悪心と嘔吐とが出現し次第に悪化してきた。1週間前からは経口摂取が困難になり、2日前から自力歩行が困難となったため夫に支えられて来院した。既往歴に特記すべきことはない。意識は清明。身長161cm、妊娠前体重55kgで現在は48kg。体温36.9℃。脈拍92/分、整。血圧92/56mmHg。呼吸数20/分。皮膚は乾燥している。眼球結膜に黄染を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しなぃ。尿所見:黄褐色で軽度混濁、蛋白3+、糖1+、ケトン体4+。血液所見:赤血球396万、Hb14.1 g/dL、Ht42%、白血球13,100。血液生化学所見:総蛋白7.4 g/dL、AST30U/L、ALT22U/L、血糖92mg/dL、Na126mEq/L、K3.6mEq/L、Cl100mEq/L。CRP0.2 mg/dL。経腟超音波検査で子宮内に胎嚢を認める。胎児心拍は陽性で頭殿長〈CRL〉は33mmである。
まず行うべきなのはどれか。
a 濃厚流動食品の経口投与
b 胃管からの経腸栄養剤の投与
c 生理食塩液の大量静脈内投与
d 20%ブドウ糖液の急速静脈内投与
e ビタミンB1を含む維持輸液の静脈内投与

  • a: 0%
  • b: 0%
  • c: 17%
  • d: 0%
  • e: 81%
  • 正解:e
ベストなるほど
ビタミンB1ですか?
112回受験生さん2018/02/12 14:57:25
e Vit.B1と維持輸液 にしました。
妊娠悪阻による以下の問題点
脱水による循環不全
経口摂取不足による糖分の不足
糖の不足が原因となり生じたケトン体4+のケトアシドーシス
電解質異常
の改善が必要だと思います。
このときVit.B1は必須です。

維持輸液なら糖分も入っていて良いと思いました。
電解質と低血圧も気になりますが、
低Naを急速に治すと危険ですから、電解質もほどほどの維持輸液でいいのかと。
生食(Vit.B1無し、かつ、糖分無し、かつ、Naを急速に補充)の大量輸液はどうですかね…