112E42
必修 必修臨床 救急対応 微割れ 正答率:49%
68歳の女性。意識障害と右上下肢の麻痺のため救急車で搬入された。
現病歴: 3年前から高血圧症と心房細動に対して降圧薬と抗凝固薬との内服治療を受けていた。夕方、夫との買い物の途中で右手に力が入らなくなり、右足の動きも悪くなった。帰宅後、玄関先に倒れ込んでしまい意識もはっきりしない様子であったため、夫が救急車を要請した。
既往歴: 7歳時に急性糸球体腎炎で入院。
生活歴: 喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
家族歴: 父親が高血圧症で治療歴あり。
現 症: 意識レベルはGCS9 (E3V2M4)。身長158cm、体重54kg。体温35.8℃。心拍数68/分、不整。血圧192/88mmHg。呼吸数10/分。SpO₂97 % (鼻カニューラ4L/分酸素投与下)。頸静脈の怒張を認めない。心音は心尖部を最強点とするⅡ/Ⅳの収縮期雑音を聴取する。呼吸音に異常を認めない。右上下肢に弛緩性麻痺を認める。
検査所見: 血液所見:赤血球398万、Hb10.2 g/dL、Ht34%、白血球8,800、血小板22万、PT-INR2.1(基準0.9~1.1)。血液生化学所見:総蛋白6.8g/dL、AST 18 U/L、ALT12U/L、尿素窒素22mg/dL、クレアチニン1.2mg/dL、Na138mEq/L、K4.8mEq/L、Cl109mEq/L。頭部CTで左被殻に広範な高吸収域を認める。
CT撮影を終え処置室に戻ってきたところ、呼吸状態が悪化した。舌根沈下が強く、用手気道確保を行ったがSpO₂の改善がみられなかった。
この患者にまず行う気道管理として適切なのはどれか。
a 経口気管挿管
b 経鼻気管挿管
c 輪状甲状靱帯切開
d 経鼻エアウェイ挿入
e ラリンジアルマスク挿入

  • a: 48%
  • b: 1%
  • c: 18%
  • d: 25%
  • e: 6%
  • 正解:a
ベストなるほど
フローラさん2018/02/11 15:37:02
経口気管挿管でいいですか?
あと弛緩性麻痺なのはなぜですか?痙性になりそうだけど…。
匿名希望さん2018/02/12 02:56:17
これ経鼻エアウェイです。 ちなみに外傷などによる出血、skull basal fractureでは禁忌ですが、脳内出血には問題ないぞ。今、呼吸がしたによって邪魔になってるので適切な処置はエアウェイだぞ。