112D30
各論 臨床 救急対応 割れ問 正答率:8%
70歳の男性。激しい腹痛と腹部膨満感とを主訴に救急車で搬入された。以前からParkinson病で内服治療中であった。体温36.8℃。心拍数72/分、整。血圧130/70 mmHg。呼吸数16/分。血液所見:赤血球420万、Hb11.2 g/dL、白血球11,000、血小板20万。血液生化学所見: AST33U/L、ALT25 U/L。CRP5.8mg/dL。腹部エックス線写真(別冊No.13)を別に示す。
まず行うべきなのはどれか。
a イレウス管留置
b 高圧酸素療法
c 緊急開腹手術
d 内視鏡治療
e 浣腸

  • a: 46%
  • b: 0%
  • c: 33%
  • d: 8%
  • e: 11%
  • 正解:d
ベストなるほど
受験生aさん2018/02/11 13:04:00
まずはイレウス管かなと思いましたが、緊急オペしますか?
研修医さん2018/02/11 23:31:47
coffee beans signでSigmoid捻転
前処置で浣腸