112C51
総論 臨床 救急対応 微割れ 正答率:30%
73歳の女性。意識障害のためかかりつけ医から紹介されて家人とともに受診した。
現病歴: 25年前にC型肝炎ウイルス感染を指摘された。6か月前に腹水貯留を指摘され、肝硬変と診断されてかかりつけ医で利尿薬を処方されていた。今朝から呼びかけに対する反応が鈍くなり徐々に傾眠状態になったため、かかりつけ医から紹介されて受診した。
既往歴: 28歳の分娩時輸血歴あり。64歳時に食道静脈瘤に対し内視鏡的治療。
生活歴: 喫煙歴と飲酒歴はない。
家族歴: 特記すべきことはない。
現 症: 傾眠状態だが呼びかけには開眼し、意思疎通は可能である。身長161cm、体重59kg。体温36.1℃ 。脈拍76/分、整。血圧104/80mmHg。呼吸数20/分。SpO₂95 %(room air)。眼瞼結膜は軽度貧血様であり、眼球結膜に軽度黄染を認める。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は膨隆しているが、圧痛と反跳痛とを認めない。腸雑音に異常を認めない。肝・脾を触知しない。直腸指診で黒色便や鮮血の付着を認めない。両上肢に固定姿勢保持困難〈asterixis〉を認める。両下腿に浮腫を認める。
検査所見(3週間前のかかりつけ医受診時) : 血液所見:赤血球368万、Hb11.8g/dL、Ht38%、白血球3,800、血小板4.0万、PT-INR1.3 (基準0.9~1.1)。血液生化学所見: 総蛋白6.5g/dL、アルブミン3.1g/dL、総ビリルビン1.8mg/dL、AST 78 U/L、ALT66U/L、LD277U/L(基準176~353)、ALP483U/L(基準115~359)、γ-GTP132 U /L (基準8~50)、血糖98mg/dL。
確認すべき症状として最も重要なのはどれか。
a けいれん
b 頭 痛
c 動 悸
d 腹 痛
e 便 秘

  • a: 54%
  • b: 9%
  • c: 1%
  • d: 2%
  • e: 32%
  • 正解:e
ベストなるほど
フローラさん2018/02/10 19:44:55
肝性脳症なので便秘予防ってことでしょうか?
コロナさん2018/02/10 22:43:05
そうです。肝性脳症ではけいれんは起きませんし、アンモニアを見るために便秘を聞きます。