112B30
必修 必修臨床 産科 微割れ 正答率:45%
31歳の1回経産婦。妊娠32週1日。性器出血を主訴に妊婦健康診査を受けてい
る周産期母子医療センターに来院した。10日ほど前にも少量の性器出血があり、3日間の自宅安静で軽快したという。本日自宅で夕食作りをしていたとき、突然、性器出血があり、慌てて受診した。第1子を妊娠38週で正常分娩している。体温36.5℃。脈拍88/分、整。血圧102/62mmHg。来院時、ナプキンに付着した血液は約50mLだった。腟鏡診で計250mLの血液およぴ凝血塊の貯留を認め、子宮口から血液流出が続いているのが観察された。腹部超音波検査で胎児推定体重は1,850 g、羊水量は正常。胎児心拍数陣痛図で子宮収縮はなく、胎児心拍数波形に異常を認めない。経腟超音波像(別冊No.3)を別に示す。
対応として正しいのはどれか。
a 帝王切開を行う。
b 子宮頸管縫縮術を行う。
c 翌日の受診を指示し帰宅させる。
d β2刺激薬の点滴静注を開始する。
e オキシトシンの点滴静注を開始する。

  • a: 44%
  • b: 14%
  • c: 15%
  • d: 22%
  • e: 2%
  • 正解:a
ベストなるほど
受験生aさん2018/02/10 15:37:14
カイザーしますか?
Dr.Xさん2018/02/15 15:19:08
前置胎盤で常位胎盤早期剥離疑いなので、aの適応かと思います。

その他の質問
匿名希望さん2018/02/12 18:53:21
Cは禁忌肢になりますか?