112A40
各論 臨床 神経疾患 正答率:26%
67歳の男性。右上下肢の脱力を主訴に来院した。2週間前から右手で車のドアを開けることができない、歩行時に右足を引きずるなどの症状が徐々に進行したため受診した。意識レベルはJCSⅠ-3。体温36.2℃。脈拍72/分、整。血圧142/80mmHg。呼吸数16/分。右片麻痺を認める。頭部造影MRI(別冊No.16A)及び定位的脳生検術によって左前頭葉病変から採取した組織のH-E染色標本(別冊No.16B)と抗CD20抗体による免疫組織染色標本治療(別冊No.16C)とを別に示す。
FDG-PETでは脳以外に異常集積を認めない。
治療として適切なのはどれか。
a 抗菌薬投与
b 開頭腫瘍摘出術
c アシクロビル投与
d 定位的放射線治療
e 大量メトトレキサート療法

  • a: 1%
  • b: 14%
  • c: 1%
  • d: 56%
  • e: 26%
  • 正解:e
ベストなるほど
HAM syndromeさん2018/02/10 19:03:19
大量MTX+放射線が基本ですが、定位照射ではなく全脳照射という意味でdは間違いだと考えましたが合ってますでしょうか。
Dr.Xさん2018/02/15 11:47:25
PCNSL(Primary Central Nervous System Lymphoma)の症例です。病理ではN/C比の高い小型の細胞がモノクローナル性に増殖しており、CD20陽性であるのでB細胞由来の腫瘍(おそらくDLBCL)です。PCNSLの治療はHigh dose‒MTX療法を先行し,引き続き全脳照射による放射線治療を行います。R-CHOPではBBBを通過しにくいと考えられています。
http://www.jsn-o.com/guideline2016/CQ/03CQ03.html

答えはe
その他の質問
みん子さん2018/02/10 14:31:05
Bの病理組織画像で見られるものについて教えて!
非会員さん2018/02/10 17:46:08
抗CD20免疫染色+、病態の急速進行から脳の悪性リンパ腫が予測され、MRI所見と一致。生検+メトキサトレート療法を最初にします。放射線はそのあとします
受験生aさん2018/02/10 12:55:48
脳原発のホジキンリンパ腫ですか?