112A22
各論 臨床 血液疾患 激割れ 正答率:31%
75歳の男性。頭部の皮疹を主訴に来院した。皮疹は3か月前に同部位を打撲した後に出現し、徐々に拡大して、わずかな刺激で出血するようになってきた。頭部の写真(別冊No.4)を別に示す。
この疾患について正しいのはどれか。
a 肺転移しやすい。
b 生検は禁忌である。
c HIV感染と関連がある。
d 九州・沖縄地方に多い。
e レーザー治療が著効する。

  • a: 33%
  • b: 34%
  • c: 3%
  • d: 5%
  • e: 21%
  • 正解:a
ベストなるほど
みん子さん2018/02/10 13:53:48
a.だった気がするんだけど
頭部の皮疹なのに、肺転移するってどういうこと?
Dr.Xさん2018/02/15 11:08:55
a 血管肉腫
わずかな外傷が誘引となり、易出血性の局面を呈する。
生検で確定診断を下す。
血行性転移で肺へ、予後不良。
治療は広範囲切除、放射線化学療法など。
選択肢に腫瘍を疑うキーワードが並んでいたから何らかの腫瘍を疑った。出血性があることから血管系の疾患を考えた。

答えはa
その他の質問
非会員さん2018/02/12 13:25:41
頭部血管肉腫は沖縄の風土病とも呼ばれるとのことでdも正解なのではないのですか?
非会員さん2018/03/07 22:42:23
似たような記憶で解答しましたー。次回よろしくお願いします。
匿名希望さん2018/02/10 19:27:21
頭部血管肉腫ガイドラインには以下のように記述されています.

Angiosarcoma は発症部位によって病態に差が見ら れている.中でも皮膚原発は悪性度が高く,とくに頭 部顔面発症例は単一カテゴリーとして扱われてい る3)19)~21).その特徴は1高齢者の頭皮に好発し,2局所 多発性で,3進展拡大が早く,4再発しやすい.5さ らに遠隔転移とくに肺転移を起こしやすく,6予後は 極めて悪い.これらの特性は診断上重要な所見で治療 方針を考える上で十分に考慮されなければならない22).

aは誤りでしょうか.