114D17
臨床 産科 微割れ
42歳の初産婦(1妊0産)。陣痛発来のため入院した。既往歴は35歳で腹腔鏡下子宮筋腫核出術、38歳で子宮鏡下子宮内膜ポリープ摘出術を受けた。入院後8時間で3,450gの男児を経腟分娩し、児娩出の5分後に胎盤はスムーズに娩出された。分娩時出血量は100mLであり、会陰裂傷に対して縫合術を行った。産後20分の時点で軽度の意識混濁が出現した。この時点で脈拍120/分、整。血圧72/40mmHg。呼吸数24/分であり、腹部の疼痛を訴えている。外出血(性器出血)は少量で、腟鏡診でも子宮口からのわずかな血液流出を認めるのみである。
最も考えられるのはどれか。
a 頸管裂傷
b 弛緩出血
c 子宮破裂
d 癒着胎盤
e 子宮内反症

  • a: 4%
  • b: 20%
  • c: 49%
  • d: 3%
  • e: 24%
  • 正解:c
さん2020/02/09 12:57:34
この患者の状態を鑑別する上で重要なポイントを教えてください。
ベストなるほど
国試マイスタさん2020/02/09 21:26:32
子宮破裂 の疑い。
既往に子宮筋腫核出術があり、子宮破裂のハイリスク。
そのため本来はこのような症例は必ず帝王切開にするが、本症例はなぜか?経腟分娩している。
そのため子宮破裂を起こし、腹腔内に出血しショック状態になっている。